サイズの気になる所

軽くて大きい、丈夫なランドセルはありますか?
村瀬鞄行は「丈夫さ」を一番大切にしているため、サイズが大きくなれば、必然的に重くなります。(その差が約100gとなります。)
仮に大きく重くなったランドセルを軽くしようとすると、見えない補強部材を省く事となってしまい丈夫さに支障が出てしまいます。
村瀬鞄行のランドセルでは大きくなっても、”6年間使える丈夫さ”にこだわって、補強は省いておりません。
そのため、大きいランドセルは「ある程度重くなってしまう」ものとなります。

教材が増えたからこそ。背おったときにかるく。
中でもおすすめ商品は、クラリーノ(R) ボルカです。
体感重量を軽くする「立ち上がり背カン」や、低反発の衝撃吸収素材「メオリーフォーム(R)」を使用した機能重視のランドセルです。
お子さまの通学を少しでも快適にするお手伝いをしてくれます。
手ぶらにこだわった方がいいの?
どんな大きなランドセルでも、6年間「ランドセルひとつで全ての荷物に対応する」ことはできません。
A4フラットファイルに対応しているとはいえ、体操服や水筒・その他いろんな用具など、高学年になるにつれサブバッグは必要になります。
低学年では荷物が少ないため手ぶらも可能ですが、ランドセルに重さが集中してしまうというデメリットもあります。
あまりこだわり過ぎず、状況に応じてサブバッグを使用してください。

またランドセルの内装には水をはじく素材を使用してるため、水筒などから水分があふれてしまった場合、教科書などが濡れる原因となります。
そのため水筒などはランドセルの中には入れず、サブバッグに入れたり、直接肩からかける持ち方が一般的です。

村瀬鞄行ではランドセルご購入時に、A4フラットファイルが入るキルトレッスンバッグをプレゼントしております。
*村瀬鞄行直営店でご購入の場合のみ

筆箱やタオルなどといった、その他の物も入れますが、荷物の主役は教科書です。
A4フラットファイル対応のランドセルはもちろん便利ですが、背おいやすさや他のポイントも含め総合的に決めるといいでしょう。
A4フラットファイルの出し入れをよりラクにしてあげたい場合などには、もちろんA4フラットファイル対応がおすすめです。

※写真はどれだけ入るかを表した例です。実際使用されている様子ではありません。

結局どんな大きさがいいの?
大半の小学校では、様々なサイズのランドセルが混在しているのが実情です。
口コミや、いろいろな店舗の説明など、見れば見るほどわからなくなりますよね。
使用する教材やファイルなどは、地域や小学校などによって異なりますが、大半の小学校では混在しているのが実情となります。
お子さまが実際に背おった時の様子を見ながら、お好みのサイズをお選びいただいて問題ありません。
また不安な時や心配な時は、口コミなどだけではなく、実際に通われる予定の小学校の先輩にお問い合わせいただくことをおすすめいたします。

まれにですが、「A4フラットファイルが入るランドセル」や、「ロッカーに入らないのでA4クリアファイル対応のランドセル」などといった指定をされたとのお声もいただきます。

上へ戻る